システム導入を考えている医療機関と優良業者を結ぶ

オンライン診療と新型コロナウィルス感染対策

2020/03/12

体調不良の人

「昨日から少し体調が悪いんだけど気軽に診察してもらえるクリニックあるかな。」

定期通院している人

「病院に行くといつも待たされて時間がもったいないからどうにかならないかな。」

「病院に通うのに電車とバスで約2時間かかって大変だな。」

医療従事者

「オンライン診療ってなんなの?医療従事者側にメリットはあるの?」

 

このような悩みにお答えします。

 

もくじ

  • オンライン診療とは
  • 新型コロナウィルス感染症対策を踏まえたオンライン診療の指針
  • オンライン診療アプリケーションの紹介

 

オンライン診療とは

「オンライン診療」とは、予約から問診、診察、処方、決済までをインターネット上で行う診療方法です。

2018年の診療報酬改定にて保険診療での診療報酬点数が新設され、対面診療と組み合わせること等を条件にビデオ通話を用いた診察方法が認められました。

 

現在、猛威を振るっている新型コロナウィルス対策としてオンライン診療を活用するべく国(厚生労働省)でも議論がされています。

 

実際に中国のオンライン診療アプリはいち早く新型ウィルス対策に対応し、アプリを通した感染防止指導や24時間体制でのオンライン無料相談など中国市民に提供されています。

正しい感染防止方法の解説や感染状況の情報をリアルタイムで提供することで市民の混乱や不安を軽減しています。

 

日本にもオンライン診療を提供するベンダーが複数社存在し今回の新型コロナウィルス対策支援を皮切りに今後大きく普及すると思われます。

本記事ではオンライン診療のメリットや新型コロナウィルス対策事例、オンライン診療のアプリ紹介などを解説します。

 

オンライン診療のメリット

  • 通院時間や待ち時間が不要になる
  • 交通費がかからない
  • 忙しくても、体調が悪くても受診を継続しやすいため、病気の悪化を妨げる

 

中国のオンライン診療アプリの新型コロナウィルス対策事例

院内感染のリスクの軽減

あらかじめオンライン診療アプリを通じて、病院に行くべき人といかなくてもよい人を選別することで、新たに新型ウィルスに感染する人をできるだけ抑えることができる。

オンライン問診サービスを受けた人のうち、60~70%は不安と緊張によるもので未感染であり、30%程度が感染の疑いがあるとされている。

 

現場の医療従事者の負担軽減

オンライン診療アプリは全語句の医師と連携してサービスを提供しているため、地理的・空間的な障害がなく医療現場の負担を抑えることができる。

現在の混乱に陥っている医療現場にさらに人数が駆け込んでしまった場合、想像するもの恐ろしい(それこそ医療崩壊)事態になる可能性があったのを防いでいる。

 

新型コロナウィルス感染症対策を踏まえたオンライン診療の指針

厚生労働省にて2020年3月11日に「新型コロナウィルス感染症対策としてのオンライン診療について」という議題で検討会が開催されました。

検討会においては軽症の感染者らが自宅療養することになった場合、オンラインによる医師の診療を認める方針をおおむね了承したとのことで、日本でもオンライン診療が新型コロナウィルス対策に寄与する可能性が大きくなってきています。

 

厚生労働省の検討会の資料は下記URLよりダウンロード可能ですので詳細を知りたい方はぜひとも読んでみてください。

 

「新型コロナウィルス感染症対策としてのオンライン診療について」検討会資料ダウンロードURL

https://hospia.jp/wp/archives/1085

 

オンライン診療アプリケーション3選

CLINICS(株式会社メドレー)

https://clinics.medley.life/

 

クロン(株式会社MICIN)

https://curon.co/

 

ポケットドクター(MRT株式会社)

https://www.pocketdoctor.jp/

 

東京都 新型コロナウィルス感染症対策サイト

東京都が公式サイトとして公開した「新型コロナウィルス対策サイト」を紹介します。

このサイトは元ヤフー社長の宮坂学知事率いる「特別公報チーム」が、発足からたった1週間で公開しました。

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

 

おすすめ記事

医療AI ベンチャー企業・スタートアップ企業まとめ

医療系に強い転職サイト・転職エージェント

医療情報系のおすすめ三大資格

電子カルテの失敗しない選び方と比較ポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です