システム導入を考えている医療機関と優良業者を結ぶ

手術システムとは【メリットや効果】

2019/12/13

外科医師「手術管理ができるシステムを知りたい。」

麻酔医「手術システムや麻酔管理システムではどんなことができるのかな。」

手術室看護師「手術システムを導入するメリットや効果を知りたい。」

 

このようなお悩みを解決します。

 

もくじ

  • 手術システムとは
  • 手術システムを導入するメリットや効果
  • 手術システム開発メーカーとシステム紹介

 

 

手術システムとは

麻酔記録・術前術後診察記録・看護記録・麻酔台帳・手術伝票などの術前・術中・術後を含めた周術期における患者情報の統合管理を行うシステムのことです。

術前・術中・術後でこんなことをやっています。

 

術前

  • 手術スケジュール
  • 術前回診

 

術中

  • 麻酔記録
  • 看護記録

 

術後

  • 術後回診

 

手術システムを導入するメリットと効果

メリットと効果

 

  • 麻酔科医は麻酔記録用紙に記入する作業から解放され麻酔管理に集中できる
  • 自動的に麻酔台帳データベースが完成するため麻酔台帳への入力が不要となり、誤入力や漏れがなくなる
  • 麻酔記録情報の検索や集計及び分析が容易となる
  • 手術関連委員会への手術件数や麻酔件数の各種集計や予定時間延長症例件数などの報告書が短時間で作成可能となる
  • 麻酔科医や手術室看護師の時間外業務の削減につながる
  • 手術室の有効利用につながる
  • 手術予定表作成の効率化につながる
  • 術前・術中・術後の経過が一気通貫で確認できる

 

手術システム開発メーカーとシステム紹介

手術システムだけをまとめてまとめてみたい場合はこちらからどうぞ

 

メーカーとシステム名

 

 

おすすめ記事

電子カルテの失敗しない選び方と比較ポイント

医療情報系のおすすめ三大資格

医療AI ベンチャー企業・スタートアップ企業まとめ

医療系に強い転職サイト・転職エージェント

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です