システム導入を考えている医療機関と優良業者を結ぶ

医療情報技師の仕事内容と医療情報技師が使うシステムを解説します

2019/11/14

医療情報技師の仕事に興味がある人

「医療情報技師はどんな業務をしているのかな。」

「医療情報技師にはどうやったらなれるのかな。」

「医療情報技師は実際どんなシステムを使って業務しているのかな。」

「医療情報技師にITスキルは必要なのかな。」

 

このような悩みにお答えします。

 

もくじ

  • 医療情報技師の仕事内容
  • 医療情報技師の資格
  • 医療情報技師が使うシステム
  • 医療情報技師に必要なITスキル

 

医療情報技師の仕事内容

医療情報技師は「電子カルテ等の医療機関で使われているシステムの開発、運用、保守を行う」仕事です。

医療分野の情報システムの開発や運用を担当することで、医療スタッフと患者双方の負担の軽減をめざします。

具体的には病院や医療システムを取り扱う企業に就職することが多いです。

病院へ就職した場合は病院内の医療情報課やシステム室などのシステム管理に携わる部門へ配属となることが多いです。

医療システムを取り扱う企業は電子カルテその周辺システム(部門システム)がたくさん存在ます。

それらの企業のシステムエンジニアやプログラマーあるいは営業職で活躍しています。

医療に関する知識とITの技術両方が求められるので、専門学校や理系の学部で学んだり資格を取得しておいたりすると就職の際の選択肢が広がります。

 

一緒に読みたい記事

医療情報系のおすすめ三大資格

 

医療情報技師の資格

 

医療情報技師の資格はこちらで解説しています。

 

医療情報技師が使うシステム

医療機関の情報システム部門に所属する医療情報技師は院内のすべてのシステム(ソフトウェア・ハードウェア・ネットワーク)を管理する立場となります。

システム選定フェーズや導入構築フェーズではとりまとめ役になったり調整役になります。

ですので、どんなメーカーがどんなシステムを開発しているのかやどういう特徴があるのかも頭に入れておくと業務がしやすいと思います。

 

世の中にどのような電子カルテがあるか見たい方はこちらから

各メーカーの電子カルテの紹介

 

医療情報技師に必要なITスキル

医療情報技師は医療知識とIT技術の両方が求められる仕事ですのでもちろんITスキルは必要です。

こちらの記事で紹介している資格のうち「医療情報技師」がドンピシャの資格となります。

挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ記事

医療系に強い転職サイト・転職エージェント

電子カルテの失敗しない選び方と比較ポイント

医療情報系のおすすめ三大資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です